ユーザー車検の混雑する時期

ユーザー車検のお役立ち情報

ユーザー車検の混雑する時期

混雑する時期 ユーザー車検の混雑する時期は、車検の有効期限が満了する車が多い時期と重なります!

車検の有効期限が満了する車が多い時期とは、「車を購入する人が多い時期」と重なります。購入した月から2年毎(新車購入時は初回のみ3年)ですからね。

スポンサードリンク

つまり、車を購入する人が多い時期は、ユーザー車検を行う運輸支局や軽自動車検査協会が混雑しやすい!のです。

この辺りを考えながら、私の経験やディーラーの人に混雑しやすい時期について聞いてみた結果が下記のグラフです。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
4 3 2 2 1 2 2 2 2 3 4 5
混雑具合をレベル5~レベル1で現しています。レベル5が「激混み」です。

やはり3月末に車を購入する方が1番多いため、3月は1年でもっとも混む時期です!

車検は有効期間満了の1ヶ月前から受けることができますから、少し早めの2月中に受けるなど、どうしてもという方以外は3月のユーザー車検はできるだけ避けましょう!車のお祭りみたいになっています(^^;)

8月はお盆休みですがみなさん帰省したり忙しくしているので、検査場はけっこう空いています。「年度末(3月下旬)」と「年度始め(4月上旬)」が1番混みます。

ちなみに年間の混雑状況ではなく月単位の混雑状況で言うと、「週末」と「月末」が混雑します。特に月末は避けたほうが無難です。車屋さんの販売台数のノルマの締め切りが月末締めのためです。


 ユーザー車検は自分で運輸支局等に予約をとる必要(車検の予約をしよう!)があり、混雑している時期は当日はもちろんのこと前日でも予約が取れないことがあるため、できるだけ早めに予約をとりましょう!(1週間前の予約がおすすめ)

やっぱりユーザー車検は不安な方へ・・・

当サイトを読んでみてもやっぱりユーザー車検は不安な方や、普通に業者で車検を受けるといくらぐらいかかるのか知りたい方は、以下のサイトで見積もりをとってみましょう!

EPARK車検
EPARK車検の最大の特徴は、公式サイト経由で車検を申し込むと、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!というとてもお得なオリジナル特典をつけているところです!国家整備士による安心と低価格を両立しています。
ホリデー車検
立ち合い整備立ち合い説明を実施している満足度の高い車検業者です。明確でリーズナブルな価格で、しかもしっかりとした整備も受けられますので安心感はピカイチです。全国250店舗ありますので、お近くにあれば受けておきたい業者です。
カーセンサー 車検
中古車販売で有名なカーセンサーが運営する車検費用比較サイトです。住所の近くから車検費用が安い順に検索することができます。

ページの一番上へ>    次のページ→検査場の新しい検査ラインと古い検査ライン
サイトのTOPページへ